カテゴリー別アーカイブ: 火曜

女性のオナニー

高校時代に好きだった女の子はピアニストを目指していた。中学生の頃にどこかのコンクールで賞を取ったことがあるそうで、放課後も音楽室でピアノの練習をしていた。僕もブラスバント部でトランペットをやっていて、一人黙々とピアノを弾いている彼女の姿は深く印象に残っていた。
ピアノはもちろんいかにうまく演奏ができるかである。ただし、プロのピアニストはここに外見の要素も関わってくる。ドブスチビが「エリーゼのために」とかを弾いても、全然似合わない。その点、彼女はピアニストになるべくしてなった存在だった。
特に印象的だったのは、あの白魚のような細くて長い指だ。あの指でピアノを奏でるようにクリトリスから膣口、アナルへと這い渡らせてオナニーをしている姿を想像すると、いたずらに興奮した。ピアノのコンクールではなくて、女性のオナニーコンクールがあれば、あの指の美しさで金メダルを取れるのではないか、と思ったものだ。
オナニー動画をおかずにしていた僕に2人のセフレが出来るまでの経緯
あれから8年が経った。彼女のことも忘れかけていたある日、僕は利用しているデリヘルのメンバーの中に彼女を見つけた。手で顔は覆っていたが、その指はまさしく彼女だった。逆に顔だけ見ても覚えていなかっただろう。早速、僕は彼女を指名した。
生で見た彼女はちょっと老けたものの明らかにあの日ピアニストを目指していた女の子そのものだった。ただし、彼女は僕のことは全然覚えていない感じだった。なぜピアニストではなくデリヘル嬢をやっているのかはわからない。
彼女は挨拶もそぞろにさっそく僕を脱がそうとしたが、それは制止した。彼女のきれいな指先を僕の汚いチンコで汚したくはなかった。僕が彼女を指名したのは、高校時代の妄想である女性のオナニーコンクール金メダリストのオナニーを生で見たかったからに他ならない。「別料金になりますけどいいですか?」と言う彼女の言葉に頷き、僕は8年越しに夢を叶えた。彼女の黒ずんだグロマンを真っ白な指がなぞっていく。それだけで、僕はもう満足だった。
「ピアニストでは食べていけないんで、デリヘルのバイトしてるんですよ」と言う彼女の言葉に、僕はクリトリスではなくてピアノの鍵盤を撥ねる彼女の指先をいつか見てみたいと思った。
エロイプ
オナニーをしない女性

相互オナニー

風俗で働いています。そこに通うお客さんの1人に私は好きになってしまいました。年齢は40代だけど年も感じさせないくらいにオシャレ。そして自分の欲求だけ求めるだけではなくお客として来ているはずが私が体調悪いと無理しないでいいよと話だけで良いと言ってくれる時もあります。流石にそれは悪いので少しはサービスしますが本当に優しい。そんな彼はまだ独身。結婚したいと思ったのが最近ということもあって婚期を逃したと話していました。全然平気だし、私なら付き合いたいと言っても信じてもらえません。そんな彼は私の感じる姿を見るのが好きで、実際にエッチはしていないのに相互オナニーを一緒にて喜んでくれます。相互オナニーじゃなくても彼となら実際にやりたいと思ってしまう私。
エロチャット
ある日、自分から仕事抜きで会いませんかと誘ってみると彼はすごく喜んでくれました。そして、彼が車で来ていたのでそれに乗り込み彼のオススメのレストランで食事をしました。周りから見ればカップルと思われるかなと思ってしまう私。食事をしてから観光スポットに行き私は自分から彼の手を握りました。「私、風俗で働いているけれど本当にあなたのことが好きです。信じてもらえないかもしれないけれど今日一緒にデート出来て嬉しです。」私が風俗に働いている理由はお金。奨学金返済のためと、親の借金返済。だから、私と結婚しても良いことはないけれど、こうして彼とデート出来るだけで幸せと思う私。彼が今後私のことをどう思うか気になりますが、今は繋いでいる手をしっかり握りしめてくれる彼に凄く嬉しく幸せを感じます。
オナニー鑑賞
相互オナニー

愛人募集

愛する人と書いて愛人という。
しかし、出会いサイトで知り合う愛人募集の女の子には愛はない。お金だけで信頼を結ぶドライな関係。ここで愛を計る単位はお金の額だ。ややもすればペシミズムな気持ちになることも多い。
夢心地の中でそんなことを考えながら、コーヒーの香りに目を覚ます。体を起こすと、キッチンで料理しているサユリさんの後姿が見えた。
愛人募集をしていたサユリさんに声をかけたのは、三か月ほど前になる。
最初こそホテルだったが、二回目からは家に来てもらっている。家と言っても、狭くて格安なありがちのワンルームマンションだ。
昼はOLをやっているサユリさんは、約束の日の夜に仕事帰りで訪れる。スーパーのレジ袋を下げてやってくる彼女の姿は共働きの主婦のようだ。
そして、サユリさんの手料理を肴に発泡酒で乾杯する。その後、時間があればサユリさんは掃除や洗濯もやってくれる。
夜もすっかり更けた頃になると、一か月に一度だけの熱い夜だ。特定のカノジョがいない僕にとっては、憩いのひと時である。
そのまま、サユリさんは泊っていき、朝は朝食をふるまってくれる。そして、一緒に部屋を出て、お互いの職場に出向くのだ。
愛人契約
こちらから家事をお願いしたわけではないのだが、せっかくだからと彼女が気を利かせてくれる。だから、愛人と言うよりも、性処理込みの家政婦さんを雇っているような気持ちになることが多い。
もちろん、僕はサユリさんのきれいな体をたっぷりと愛するのだけど、それは心が伴う愛ではない。金銭授受に基づいた一夜限りの関係だ。
ただし、翌月にサユリさんが訪れてくれるまで、僕の心は空虚になる。サユリさんがいない夜、自分で朝食を作らなければならない朝は寂しい。
ただ、僕はわかっている。サユリさんは僕の家でお金をもらって働いているようなものなのだ。毎日、サユリさんに来てもらうだけの財力は僕にはない。
例の出会いサイトで、サユリさんはまだ愛人募集を続けている。きっと、月一回の僕のお手当だけでは、彼女の想定する稼ぎに届かないのだろう。もし、サユリさんに多額のお金を投資する富豪が現れたら、僕のような小市民はサユリさんから切り捨てられるかもしれない。
僕はサユリさんのワンオブゼムでありオンリーワンではないのだ。それはわかっているつもりである。
でも、これが愛なのか?と聞かれると、きっと、サユリさん不在の一か月間に感じる寂しさも愛の表れなのだと思う。
サユリさんが煎れてくれたコーヒーを飲みたいな、と僕はまずいスティックコーヒーを喉に流し込みながら思った。
愛人契約の意味
パパ活

援助掲示板

極道の妻と寝たことがある。
なんて書くと大げさだが、援助掲示板で知り合った彼女は、聞けば誰でも知っている某有名暴力団幹部の奥さんだったらしい。
年のころは30後半。しかし、一昨年末に警察の一斉手入れがあり、幹部連は組長含めて揃って逮捕、組も解散に追い込まれたそうだ。
「別に夢から覚めたわけじゃないんだけど、もぬけの殻となった組事務所に一人佇んでいたら、あれ?私、何してるんだろ?と思っちゃって」
獄中の旦那も、これ以上、お前の人生を狂わせるわけにはいかない、と離婚に応じたそうだ。
生活の方は、旦那からの慰謝料を元手に飲食店を開業して、経営もそこそこ上手くいっているらしい。
そのため、本来の意味の援助は必要ないところなのだが
「旦那以外の男と寝たことがなかったから、まだ体が元気なうちにいろいろと遊んでみたくて」
と、援助掲示板に書き込みをしてみたらしい。そこで釣りあがったのが僕だったというわけだ。
セフレ探し
もちろん、プロフに「元極妻です」なんて書いてあったわけではない。何となく、条件や地区が一致していたので声をかけてみただけだ。
だから、その話を初めて聞いた時は驚いた。そして、怖くなったことは否めない。
「大丈夫、大丈夫、旦那とはとっくに縁が切れているから安心して」
そう言われても、部屋を出ると舎弟の黒服が直立不動で「姐さん乱暴はされませんでしたか?」なんてにらみを利かせて待っているアウトレイジな光景を想像してしまう。
僕が正直にそう言うと、彼女は笑い転げた。
「ない、ない。今はあの世界もドライだからね。元組の連中も転職してサラリーマンやりながら援助掲示板に書き込んでいると思うよ」
彼女はそう言って僕にまたがってきた。アラフォーとは思えないくらい肌にハリがある。
セックスそのものは完全に受け身で幼くて、経験の浅いJKと寝ているようだった。旦那以外と経験がないのもおそらく事実なのだろう。
せっかく自由になれたのだからもっと自分から楽しもうとしなくちゃ、と僕が彼女のうなじに舌を這わすと彼女は悩ましい声を上げながら僕の首に腕を巻き付けてきた。
その際、腕に注射の痕のようなものがあったような気がしたが、見なかったことにしようと思った。
フェラ抜き
口内射精